インテリアに使われる木材の違いまとめ

こんにちは。インテリアコーディネーターのshioriです。

今回はインテリアには欠かせない木材の特徴をまとめてご紹介していきます。

ナラ(英名オーク)

白木の代表的な高級木材です。ナラとオークは生物学上では別種なのですが、インテリアでは同じ木として扱います。年代と共に深みを増し、初めは黄みの木目ですが徐々に橙みを帯びた木色に変わります。

ブナ(英名ビーチ)

ねじれが生じやすく、昔は扱い辛かったため、木では無と書いて橅ブナという漢字がついたとも。その特性を生かし、曲げ木や成型合板に適する安価な木材。

タモ、トネリコ(英名ホワイトアッシュ)

弾力、粘りがあり細くしても折れにくい。ナラに似ているが安価。

「樺」カバ(英名バーチ)、さくら(英名チェリー)

朱色で目が詰まり、平滑な木材。さくら材は高価なため、代用として樺材が使われることが多い。樺桜という木種はなく、樺桜と書かれている場合は樺で作られています。樺からはキシリトールが取れる。

 ※バーチ                            ※チェリー

 

 

メイプル

白色で堅い木材。言わずもがなメープルシロップが取れる。頑丈なので楽器などに使われる。メープルの中のバーズアイメープル(鳥目杢)は希少価値が高く高級木材。

                            ※バーズアイメープル

ケヤキ

黄金色をした木目の粗い材料。神社・仏閣や和家具に多い。家具などには、杢目が山型に出て表情があるため板目を使うのが基本。柾目を使う馬鹿なんていう言葉もあるそう。柾目は反りが少ないですが、表層には板目を使う。

 

軽くて火が付くと燃えずに炭化するため、大切なものを入れる箪笥として使われた。火事になった場合は水をかけて避難したそう。5月頃に紫色の花を咲かせる。女の子が産まれると庭に桐を植えて、嫁入り道具に桐箪笥を造ったそうです。

チーク

ミャンマーで取れる茶色い(橙み)の木材。油分を多く含み水に強いため船の内装材やデッキに使われる高級木材。切った長後は緑色をしているが空気に触れると濃色に。チーク材の家具のみを置く専門店もある。

クルミ、ウォールナット

反りが出にくく狂いが少ないためインテリアで多く使用される高級木材。クルミは色が薄い。ウォールナットは紫褐色。

                           ※ウォールナット

 

紫檀(英名ローズウッド)

バラの香りがするという超高級木材。西洋からの輸入木材ですが、効率重視のためほぼ板目のものしか手に入らない。

 

マホガニー

絹のような光沢がある赤み掛かった高級木材。橙み~赤みの木材。

 

神代/埋もれ木

木の名前ではなく、埋もれて数百年のうちに色が鼠色に変色したもの。

いかがでしたでしょうか。

木材の色でインテリアイメージはほぼ決まります。

是非、3ベースとインテリアイメージの記事もご確認ください!

インテリアをまとめる3つの基礎知識
2018-04-07 13:25
こんにちは。インテリアコーディネーターのshioriです。 素敵なインテリアにしたいけど、私にはセンスがないから…と思っていませんか。もちろん、天性の感性でなんとなく好きなものを組...
DIYの関連記事
  • インテリアに使われる木材の違いまとめ
  • DIYリフォームアドバイザー今後の可能性
おすすめの記事
引き寄せ☆桜のバスソルト
プライベート
こんにちは。shioriです。 今日はちょっとだけ嬉しいことがありました(*'ω'*) 先日、予約していたエステがダブルブッキングをしており...