シャビーシック
https://www.pinterest.jp/pin/150589181266305721/

ロマンティックだけど少女のような可愛さでない、優雅で大人の余裕を感じられるエレガンスなシャビーシックインテリア。

まるで海外雑誌の一コマを切り取ったようなイメージが強いスタイルですが、日本では10年前くらいから芸能人プロジュースのライフスタイルショップが登場したことなどにより、女性の間でファンの多いインテリア空間です。

そんな若い女性から、大人の女性まで幅広い年代の女性に人気のあるシャビーシックインテリアを実現する家具やカーテンなどを取り入れて、理想の一人暮らしのお部屋を実現していきましょう。

シャビーシックインテリアとは

シャビーシックインテリアhttps://www.pinterest.jp/pin/207376757822506818/

シャビーシックは、1989年にイギリス人デザイナーのレイチェル・アシュウェルが提案したインテリアスタイルです。

シャビーシックインテリアの「シャビー」とは、英語で古めかしい、みすぼらしいという意味でアンティーク風のデザインや、古ぼけたテイストを楽しむインテリアのことを指しています。

シャビーシックインテリアは使い古したような雰囲気がありつつも、ニュアンスのあるピンクやパープル、レース素材やクリスタルのような素材を加えて上品さ・優雅さ感じるインテリアです。

ちなみに、紫陽花は日本では梅雨の季節に咲く花ですが、ヨーロッパでは西洋のバラと言われ夏に咲く明るい印象の花です。

シャビーシックインテリアは、紫陽花のドライフラワーのようなピンクやパープルが映えるような女性らしい優雅な印象のお部屋です。

どちらのシャビーシックインテリアにする?

本格的に海外風のシャビーシックインテリアにしたいのであれば、フローリングや壁などお部屋の基礎部分からこだわると雰囲気を演出できます。

もしこれからお家を新築する方、中古物件をリノベーションする方などは施工工事にシャビーシックの雰囲気にする要素を取り入れるとおすすめです。

もちろん、賃貸物件の方にもおすすめのアイテムなどもご紹介いたします。

ホワイトとグレージュを基調としたロマンティックなお部屋

シャビーシックインテリアhttps://www.pinterest.jp/pin/758645499720998594/

床や壁、家具などのお部屋の大部分をホワイトやグレージュを基調として、カーテンや小物などにモーブ(くすんだピンクのような、グレイッシュなパープルのような色)、ラベンダーなどのような女性らしい色を差し色にした空間です。

新築やリノベーション物件などであれば、壁紙にグレーを入れてモールディングと言われる廻り縁を天井と壁の間に付けたり、腰壁のようなものを取り入れると本格的な雰囲気を演出できます。

シャビーシックインテリアhttps://www.pinterest.jp/pin/716002040738695154/

新築物件ではなくても、自分で取りつけられるモールディングや自分で施工できるデザイン壁紙などがあるので挑戦してみてはいかがでしょうか。

▼粘着シート付きのモールディング

▼貼ってはがせるモールド風アクセントクロス

ダークな配色を組み合わせたちょっぴり辛口なお部屋

シャビーシックインテリアhttps://www.pinterest.jp/pin/758645499720998281/

ブラウン~ブラックに近いアンティーク家具とアンティークゴールド、クリスタル素材などを組み合わせてちょっぴり辛口に仕上げた空間です。

空間を飾る花などもオフホワイトなどカラーは取り入れずに落ち着いた雰囲気に仕上げると大人っぽくシックに仕上がります。

もし、サブカラーを取り入れるのであればマイルドなグリーンやブラウンなどがおすすめです。

窓枠やドアなどにブラックに近いチャコールグレーを取り入れてもグッと大人っぽい雰囲気になりますよ。

シャビーシックインテリアhttps://www.pinterest.jp/pin/860328335046257891/

▼賃貸OKのはがせるアクセントクロス

床材はシャビーな味わいのある木をヘリンボーン(矢張り)にするとよりアンティークな雰囲気を演出できます。

シャビーシックインテリアhttps://www.pinterest.jp/pin/138415388526468972/

▼フローリングの上に置いて使えるはめ込み式フロアタイル

一人暮らしのシャビーシックのお部屋に合わせたい照明は?

シャンデリア

シャビーシックインテリアhttps://www.pinterest.jp/pin/758645499720994445/

アンティーク調の家具を取り入れてロマンティックな雰囲気のシャビーシックな空間には、クリスタルで出来たシャンデリアがぴったりです。

アンティークゴールドを使ったシャンデリアはホワイト基調もダーク基調のシャビーシックのお部屋どちらにもピッタリです。

辛口な空間感に仕上げたい場合は、スチール色のシャンデリアにするとインダストリアル(工業的な)な雰囲気が出てかっこよく仕上がりますよ。

▼日本の天井高さに適応するクリスタイル調シャンデリア

▼ラスティックなシャンデリア

▼クールに合わせたいインダストリアル調シャンデリア

やわらかなファブリックシェード

シャビーシックインテリアhttps://www.pinterest.jp/pin/440156563561460248/

シャンデリアのクリスタルの煌めきは素敵ですが、クリスタルのちらつきで勉強や仕事をするお部屋にシャンデリアを取り入れるのが難しいということもあるかもしれません。

天井にペタッと取り付けるシーリングライトのタイプでも、やわらかなファブリックを細かなプリーツを纏ったものだと、光をやわらかく放つので上品な雰囲気を演出できますよ。

▼大手照明メーカーヤマギワの「BAUMN」

▼ファブリックを通して優しく光を放つシーリングライト

▼ダークなシャビーシックにはブラックもおすすめ

メイン照明と組み合わせて使いたいライト

ベッドサイドなどにテーブルライトなどを設置して、リラックスタイムはテーブルライトだけの灯りでゆったりとした時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

▼ウォームグレー×大理石のテーブルライト

▼ゴールド×大理石のテーブルライト

▼ゴールド×大理石のスタンドライト

一人暮らしのシャビーシックなお部屋に合わせたい家具の特徴は?

シャビーシックな空間には古めかした雰囲気のあるシャビーなフレンチアンティーク家具がぴったりです。

フレンチアンティーク家具は繊細な彫刻の装飾、カブリオール(猫脚)と言われる優雅な曲線を描いた先細りの脚のものを選ぶと優雅な雰囲気を演出できますよ。

家具本体のカラーを目指したい空間に合わせて選んでいきましょう。

ホワイトのアンティーク家具

シャビーシックインテリアhttps://www.pinterest.jp/pin/758645499720994372/

ホワイトとグレージュを基調としたロマンティックなシャビーシックにおすすめです。

ホワイトのペイントのフレンチアンティーク家具はレースやチュール素材などがよく合う甘く優しい空間になります。

▼ホワイト×ゴールドがおしゃれなコンソール

▼マカロン型のフォルムがかわいいスツール

ニュアンスグレーのアンティーク家具

シャビーシックインテリアhttps://www.pinterest.jp/pin/758645499720999384/

グレーとベージュが混ざったようなマイルドでニュアンスのあるグレージュの家具はホワイト、グレージュベースのロマンティックなシャビーシック、ダーク色ベースの辛口のシャビーシックのどちらにも合わせられる家具です。

▼同デザインで揃えられるシャビーシック家具シリーズ

ダークな木目のアンティーク家具

シャビーシックインテリアhttps://www.pinterest.jp/pin/52143308165335045/

ダークな配色のシャビーシックの空間に合わせるなら重厚感のあるアンティーク家具を選びましょう。

テーブルであればアンティークゴールドの取っ手、チェアーやソファであれば鋲打ちがついたものだとより雰囲気がでます。

▼高級木材のマホガニーのアンティーク家具

▼鋲打ちソファ

シャビーシックなお部屋に合わせたいカーテンや窓周り

シャビーシックインテリアは壁紙や床材などベース部分からの作りこみも大切ですが、カーテンなどの窓周りのアイテムもこだわりがいのある場所になります。

お部屋を彩るアイテム選びであなたらしさを演出しましょう。シャビーシックインテリアhttps://www.pinterest.jp/pin/289637819779237250/

カーテン

ホワイトを基調としたロマンティックシャビーシックに合わせたいカラー

カラーはダスティなピンク、グレイッシュパープル、ウォームグレーなどシャビーな家具に合うような色調を押さえたものがおすすめです。

また、ロマンティックなアンティークグリーンをアクセントにするのもおすすめです。

ダークな配色の辛口なシャビーシックに合わせたいカラー

お部屋全体をダーク色にすると思い印象になってしまうので、床や壁にダーク色を選んだ場合にはカーテンのような比較的大きな面積を取る場所にはアイボリーなどで抜け感を出すのがおすすめです。

シックで重厚感のある空間にしたいのであればグレーを含んだようなニュアンスのあるウォームグレーなどを合わせるとシャビーな雰囲気の家具などに調和しますよ。

合わせたいカーテンの柄

デザインはダマスク柄を取り入れるとエレガントさがアップします。

ダマスク柄とは、植物、果物、花柄などを使ってつながったように繰り返すデザインです。

シャビーシックインテリアhttps://www.pinterest.jp/pin/503699539564204770/

選びたいカーテンの素材感

素材感は上品で重厚感のあるベルベット素材のようになめやかでファブリックのやわらかさがあるものだと、シャンデリアやアンティーク家具などの高級感のあるお部屋の雰囲気と上手くマッチします。

もしくは、シャンタン調という光沢感のあるファブリックを選ぶと軽やかな質感でありながら高級感を演出できます。

また、カーテンにはブレイクスタイルと言われる床に裾をたっぷり垂らすスタイルもおすすめです。

海外雑誌に出てくるお部屋によく見られるスタイルで、ファブリックのたっぷりとしたドレープ(生地)感が高級感のある雰囲気を演出してくれます。

日本では床に裾を垂らすブレイクスタイルは汚れが気になるという方が多いのですが、海外では割とポピュラーなスタイルです。

日本はメンテナンスのしやすいポリエステルのカーテンが主流ですが、海外はサスティナビリティ(持続可能性)の考えからも天然素材のカーテンも多く使われています。

天然素材のカーテンはポリエステルのカーテンとは違って静電気を発生しづらく埃が付きづらいという点があるので、もしブレイクスタイルに挑戦するのであれば、リネンやコットンなどの天然素材を選んでみると良いかもしれません。

▼高級感のあるパープルのベルベットカーテン

▼高級感のあるジャガード織のダマスク柄ドレープ

▼光沢感のあるシャンタン調カーテン

▼上品な透け感が美しいレースカーテン

カーテンレール

アンティーク調でデザインのあるもの、擦れたタッチの装飾カーテンレールを取り入れるとより雰囲気がアップします。

▼アンティークホワイトのアイアンレール

装飾タッセル

シャビーシックに合わせたいカーテンはベルベットのような重厚感のあるものや、シャンタン調のような上品な光沢感のあるもの、ダマスク柄のような伝統的なクラシック柄のような「高級感」を感じられるものになりますので、カーテンを留めるタッセルも豪華にするのがおすすめです。

一般的にタッセルはカーテンと共生地ですが、装飾タッセルと言われるまるでネックレスのように豪華なアイテムを取り入れるとより素敵ですよ。

▼シャンパンゴールドのタッセル

▼ゴールドのビーズが可愛いタッセル

一人暮らしのお部屋をロマンティックに演出するアイテム

お部屋のベース部分のこだわりがいがありますが、お部屋を演出する小物などのアイテム選びもお気に入りのものを取り入れて楽しみたいところです。

どこにポイントを置くかを決めてロマンティックに仕上げてみてくださいね。

ラグ

シャビーシックインテリアhttps://www.pinterest.jp/pin/90001692539875488/

たっぷりとした毛足、ラメの入ったシャギーラグを取り入れるとリッチな雰囲気を演出できます。

もちろん、シャビー感のあるアンティーク調のラグもおすすめです。

▼ラメ入りのシャギーラグ

▼ラウンドのシャギーラグ

▼アンティーク調のラグもおすすめ

お花や観葉植物

シャビーシックインテリアhttps://www.pinterest.jp/pin/294282156900407744/

味わいのある古めかしさのあるシャビーな雰囲気の空間には瑞々しいはっきりとしたグリーンの観葉植物よりはドライフラワーのようなシャビー感のあるもの、葉の色がシルバーがかっているものがおすすめです。

葉の色がシルバーがかっていてラウンドフォルムが可愛らしいユーカリや、パープルのお花が可愛いラベンダーがおすすめです。

ドライフラワーやプリザーブドフラワーはお手入れが不要なので、日中外出が多い一人暮らしの方にも取り入れていただきやすいですよ。

▼紫陽花のドライフラワー

▼ユーカリのプリザーブドフラワー

お部屋をセンスアップする雑貨

シャビーシックインテリアhttps://www.pinterest.jp/pin/758645499720998159/

クッションや小物などのような雑貨は取り入れやすいアイテムなので、季節や気分によって模様替えを楽しんでみてもいいですね。

寒い季節はフワフワとした素材感のもので思いっきりラブリーにしてみたり、軽やかに過ごしたい暑い季節はリネン素材でさっぱりとした雰囲気にしてみたり、楽しめるものが多いのもシャビーシックスタイルの魅力です。

クッションやベッドカバー

デザインはフリルやリボンなどラブリーに、カラーはグレーやモーブなどニュアンスのあるカラーで大人っぽい雰囲気にするのがおすすめです。

▼リボンでも大人っぽいフレンチリネンのクッションカバー

▼シャビーな色合いが素敵な6色展開

▼リバーシブルのフレンチシックなクッションカバー

ミラーや写真立て

装飾的アンティーク調のミラーや写真立ては取り入れやすいアイテムです。

▼アンティーク調のミラー

▼宮廷に迷い込んだような雰囲気のミラー

▼やさしいアイボリーが可愛らしい写真立て

▼アンティークグリーンの写真立て

キャンドルやアロマ

バスタイムの後にはキャンドルやアロマを焚きながらネイルをしたりマッサージしたり、自分にご褒美をあげるゆったりとした時間を過ごしたいですよね。

▼飾りとしても楽しめるアロマキャンドル

▼キャンドルホルダー

▼モノトーンがおしゃれなアロマキャンドル

海外雑誌のような憧れのシャビーシックインテリアを実現してみよう

シャビーシックインテリアhttps://www.pinterest.jp/pin/758645499721003085/

女性らしさをめいっぱい詰めこんだシャビーシックスタイルのお部屋で、こっそりとプリンセス気分に浸ってみたくなりますね。

もちろん、こんな女性らしい素敵なお部屋だとご友人やパートナーの方も招いておもてなししたくなるのではないでしょうか。

こだわりのアイテムを取り入れて、あなただけの理想の一人暮らしのお部屋を実現してみてくださいね。

 

一人暮らしを快適に過ごすには家具の配置レイアウトも重要です。

むずかしいと感じる方も多いのではないでしょうか?

以下にてコツをご紹介しておりますので参考にされてみてくださいね。

▼一人暮らしのインテリアのコツへリンク

 

また、以下コラムではお好みのインテリアは決まったけど、床(フローリング)やドアの色が違うという方へ向けて、プロに依頼せず自分で取り組めるDIYアイテムをご紹介しております。

▼自分で簡単にできるDIYへリンク

 

「今持っている家具は使えるの?家具の大きさはどのくらいが最適?アートってどこに飾ればいいの?」

そんな疑問も沸いてきますよね。

より快適に過ごすためには、あなたのライフスタイルに合った家具のレイアウトが必要です。

「今の私」から「なりたいの私」に近づくためのインテリアのご相談サービスは近日リリース予定です!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事