ホテルライクインテリア
https://www.pinterest.jp/pin/324540716897422092/

旅先での楽しみのひとつに、「素敵なホテルに泊まって非日常を味わう」ことをあげる方も多いのではないでしょうか。

ホテルといってもラグジュアリーホテルやリゾート感たっぷりのホテルなどランクや旅行先によって様々ですが、どのお部屋にも共通することは「生活感がない」ということ。

無駄なものがなくお部屋がすっきりとしていることはもちろん、パリッと仕上がったベットシーツやお手入れが行き届いたサニタリールーム…更にウェルカムドリンクやお花などが飾ってあると日常を忘れて特別な気分になれますよね。

毎日の生活もホテルにいるような気分を味わえたらいいのに…と思いませんか。

ここでは、ハイクラスのビジネスホテルによく見られる、落ち着きのある雰囲気のシックモダンスタイルを実現する方法をご紹介いたします。

生活感がないお部屋なんて今の私の部屋から実現するのはとても無理…と思う方も大丈夫。

いくつかのポイントをおさえれば、ホテルライクなインテリアを楽しめますよ。

ホテルライクインテリア、シックモダンインテリアとは

ホテルライクインテリアhttps://www.pinterest.jp/pin/758645499720622397/

ハイクラスのビジネスホテルや高級マンションのモデルルームでよく見られる「シックモダンインテリア」は、誰もが一度は憧れたことがあるのではないでしょうか。

シックモダンインテリアは、ダーク系の木目やブラウン系のアイテムにシンプルで洗練された高級感のある家具でまとめたインテリアスタイルです。

高級感と落ち着きのあるお部屋は性別を問わず好まれることが多く、一人暮らしのお部屋にはもちろん、DINKS夫婦のお部屋におすすめです。

また、リビングやダイニングのようなご家族で過ごす空間は明るめのお部屋にして、ゆったりとした気持ちで過ごしたい寝室をシックモダンなお部屋にするという方も多いです。

ホテルライクインテリアhttps://www.pinterest.jp/pin/152066924905676169/

特に、パートナーやご夫婦でインテリアの好みが分かれる場合、一緒に過ごす寝室をどちらの好みに合わせるか迷ってしまいますよね。

シックモダンインテリアなら男女で好みが分かれることが少なく、また、まさにホテルのような雰囲気を味わえるので寝室におすすめしたいインテリアスタイルです。

ホテルライクなシックモダンインテリアを実現する配色

洗練されたラグジュアリーホテルのようなシックモダンインテリアにしたい場合、単にダークブラウン系のものを選ぶだけではなく、暗くなり過ぎないようにお部屋のバランスを考えたり、微妙なカラーの違いを揃えていくこともポイントになります。

ブラウン~ダークブラウンのグラデーション

ホテルライクインテリアhttps://www.pinterest.jp/pin/306807793368027263/

フローリングやドアといったお部屋のベースとなる色がダーク系の木目のお部屋は、シックモダンインテリアにぴったりです。

フローリングやドアだけではなく、リビングのTVを置く背面、寝室のベッド背面などお部屋の一面にブラウン系のアクセントクロスを取り入れるとグッと高級感のある雰囲気に近づきます。

▼はがせる大理石調アクセントクロス

▼のり付きアクセントクロス

ここで、ブラウンのアイテムを取り入れる際にポイントとなるのが、フローリングの木目のカラーと色めを揃えることです。

同じブラックウォールナットの木目でも、赤みのある木目とオレンジ系の木目があります。

ホテルライクインテリア

赤みのあるウォールナット

ホテルライクインテリア

オレンジ系のウォールナット

取り入れるアクセントクロスやラグ、カーテンのようなアイテムもフローリングの木目に色みを合わせて取り入れると空間がまとまって垢抜けた印象に仕上がります。

また、フローリングやドアがダーク色の場合、フローリングの上に置くラグは少しトーンと明るくしてみる、アクセントクロスは面積が多すぎないようにするなどバランスを取りましょう。

もし、フローリングやドアがダークブラウンでないけどシックモダンのような雰囲気にしたい場合は、ラグやカーテンなどにダークブラウンのものを使って空間に重厚感をプラスするのがおすすめです。

アクセントに効かせたいゴールド

シックモダンインテリアhttps://www.pinterest.jp/pin/758645499719202156/

ブラウンからダークブラウンの濃淡でまとめた空間にメリハリをつけるのにおすすめなのが、ゴールドです。

照明や家具の脚など金属の質感でポイント的に効かせると、より高級感のある空間を演出できます。

お部屋の印象を決める照明はどちらのタイプを選ぶ?

ホテルのようなラグジュアリー感を演出するには照明にもこだわりましょう。

お部屋の雰囲気がランクアップするのはもちろん、リラックスできるお部屋になるかも照明がカギを握っています。

無駄のないフォルムのシーリングライト

実際のホテルは折り上げ天井のような構造にすることでベッドに寝そべったときに光源が見えづらいように照明が配置されていたり、光源が反射しにくいダウンライトなどが使用されていることが多いです。

ホテルライクインテリアhttps://www.pinterest.jp/pin/826058756633839021/

まだお住まいが設計段階ということであれば、ぜひ、設計士さんに相談してみましょう。

ただ、賃貸の場合やすでに住んでいるお部屋を折り上げ天井に変更するというのは難しいですよね。

そんなときはなるべく空間になじむようなデザインのシーリングライトにしてみましょう。

寝室に使うのであれば、光の強さを変えられる調光、色を変えられる調色タイプを選ぶのがおすすめです。

夜寝る前のリラックスタイムにはロウソクの光のような赤っぽい電球色を、仕事や勉強をするときには集中力をあげる青っぽい光の昼光色、お化粧など身支度するときは昼白色の光だと太陽光の光に近いのでお化粧も自然な印象に仕上げることができます。

▼調光調色可能なシンプルなシーリングライト

お部屋のアクセントになる存在感のある照明

ホテルライクインテリアhttps://www.pinterest.jp/pin/758645499721443549/

リビングをホテルライクなシックモダンインテリアにしたい場合は、パッと目を引くデザイン性の高い照明にするのもおすすめです。

夜景の美しい高層マンションは天井から窓になったハイサッシュの場合が多く、クリスタルのように煌めく照明が窓に反射すると夜景と相まってとても綺麗ですよ。

シャープなゴールド×ガラスの照明であれば、より一層ラグジュアリー感が味わえそうですね。

一人暮らしのホテルライク・シックモダンインテリア選びたい家具

高級感のあるシックモダンインテリアにするには家具はシンプルでも上質なものを選びましょう。

また、生活感がでないように収納スペースはたっぷりと準備しておきましょうね。

ウォールナット木材でできた家具

ホテルライクインテリアhttps://www.pinterest.jp/pin/109704940911586617/

フローリングやドアの木目と色みを合わせながらブラウン~ダークブラウンの木目の家具を選びましょう。

その際には節が入った木目やアンティーク調のような年代を感じるようなものではなく、上品でシンプルな木目のものを選ぶのがポイントです。

ウォールナットは上品な木目と光沢感で日本でも人気の木種で、家具のバリエーションも多いので選びやすいでしょう。

また、ホテルのような高級感を感じさせるような空間にしたいのであれば、サイズ感も大切です。

ベッドフレームを選ぶのであれば、一人で使う場合もシングルベットよりもセミダブル、二人で使うのであればクリーンサイズのベッドなど、ワンサイズ大きめのものを選ぶとゆったりと使えてホテルのような贅沢な寝心地を体感できますよ。

▼空間が広く見えるロータイプのベッドフレーム

▼座り心地にこだわったゆったりサイズのソファ

▼ゴールドのラインで高級感を演出するクッション

大理石調、レザー調の家具

ホテルライクインテリアhttps://www.pinterest.jp/pin/758645499721445738/

ブラウン~ダークブラウン系でまとめたお部屋に高級感をプラスするために、素材感でメリハリをつけましょう。

ホワイト大理石の家具で空間に抜け感を作ったり、ブラック大理石で重厚感を加えるのもおすすめです。

本革やレザー調のソファやクッションも高級感を演出できますよ。

▼大理石調のTVボード

お部屋の印象を決めるカーテンとラグ

カーテンやラグは意外と面積が大きく、お部屋の印象を左右するアイテムです。

柄ものを取り入れるよりも無地でも上質な素材感のものにこだわると、ホテルのようなラグジュアリーな雰囲気を演出できます。

ダークブラウン系は取り入れ過ぎると重くなりがちなので、お部屋のバランスを考えながら上手に取り入れていきましょう。

カーテン

ホテルライクインテリアhttps://www.pinterest.jp/pin/758645499721444189/

ホテルのような雰囲気を演出するにはしっかりとした質感のものや光沢感のあるものなど高級感を感じる素材感を選びましょう。

また、ヒダがきれいに整ったプリーツ加工をされたものを選ぶときっちりとした生活感のない雰囲気を演出できます。

▼シャンタン調の光沢感で高級感を演出するカーテン

※形状記憶加工付き(フラット仕様以外)

▼レザーのような表情をしたカーテン

※形状記憶加工付き

ラグ

ホテルライクインテリアhttps://www.pinterest.jp/pin/681028774892860595/

ホテルライクインテリアには、リッチな踏み心地を楽しめるシャギーラグがぴったりです。

シャギーラグはシンプルな無地タイプのものが多いですが、ラメの入ったものや複数の色の糸をミックスしたもの、ラウンドタイプのものなどひとひねりしたものを選ぶと無地でも空間に表情がつけられます。

▼毛足の長いボリュームたっぷりのシャギーラグ

▼ラウンド型であれば無地でもアクセントに

カーテンレール

ホテルライクインテリアhttps://www.pinterest.jp/pin/191825265366083981/

ホテルのような生活感を感じさせない空間にするにはカーテンボックスのように、カーテンレールがお部屋から見えないようにすることもおすすめです。

ホテルのお部屋は何故生活感を感じないのだろう…?と思うかもしれませんが、ただモノが少ないのではなくお部屋をすっきり見せる工夫がされています。

カーテンボックスも設計段階であれば設計士さんにお願いすれば可能ですが、賃貸やすでに住んでいるお部屋の場合に取り入れるのは難しいですよね。

そんなときは、カーテンボックスのように見えるカーテンレールを取り入れてみるのもおすすめです。

ホテルライクインテリアhttps://www.pinterest.jp/pin/601371356473530376/

▼カーテンボックスのように見えるスタイリッシュなレール

ホテルのような空間を演出するアイテム

ホテルのような高級感を漂わせるにはシンプルで仕上げた空間に上手に彩りを加えましょう。

壁面にデザインを付け加えると生活感が出づらく、お部屋のお掃除も楽に行えますよ。

アート

ホテルライクインテリアhttps://www.pinterest.jp/pin/703898616752081672/

ホテルのような空間にするために、アートを飾るのもおすすめです。

油絵アートは凹凸感があるので、間接照明を当てると印影ができて高級感を演出できます。

▼9枚組の油絵アート

また、レントゲンアートと言われるアートは植物の花脈や葉脈が繊細に映し出されているので、上品な雰囲気でまとめたいホテルライクな空間におすすめです。

▼レントゲンアート

ゆったりとした存在感のある観葉植物やアートのように飾れる観葉植物

ホテルライクインテリアhttps://www.pinterest.jp/pin/491947959290545011/

ホテルライクのインテリアには存在感のあるゆったりとした観葉植物を合わせましょう。

シンプルに仕上げた空間に植物があると空間がやわらかになり、心地よく仕上がります。

一人暮らしのインテリアにはフェイクグリーンタイプを選ぶとお手入れが不要で取り入れやすいですよ。

▼天を仰ぐように伸びる葉が美しいフェイクグリーン

アートのように飾れるフラワーベースに、お祝いでもらった生花やドライフラワーを飾っても素敵ですね。

▼壁掛けのフラワーベース

▼クリアタイプのフラワーベースも素敵

時計やミラーなどの雑貨アイテム

▼大理石調の壁掛け時計

ホテルライクな一人暮らしのお部屋で心豊かな暮らしを

ホテルライクインテリアhttps://www.pinterest.jp/pin/758645499721779495/

一日の終わりのリラックスタイム。

お酒を片手に持ちながら窓から見える夜景を楽しむひとときは、明日への活力が沸いてくるような何にも代えられないものかもしれないですね。

生活感を感じないホテルライクなお部屋を実現して、ぜひ、ホテルで過ごしているような心豊かな気持ちで毎日を過ごしてみてくださいね。

 

一人暮らしを快適に過ごすには家具の配置レイアウトも重要です。

むずかしいと感じる方も多いのではないでしょうか?

以下にてコツをご紹介しておりますので参考にされてみてくださいね。

 

また、以下コラムではお好みのインテリアは決まったけど、床(フローリング)やドアの色が違うという方へ向けて、プロに依頼せず自分で取り組めるDIYアイテムをご紹介しております。

 

「今持っている家具は使えるの?家具の大きさはどのくらいが最適?アートってどこに飾ればいいの?」

そんな疑問も沸いてきますよね。

より快適に過ごすためには、あなたのライフスタイルに合った家具のレイアウトが必要です。

「今の私」から「なりたいの私」に近づくためのインテリアのご相談サービスは近日リリース予定です!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事