インテリアのアクセントに何色を使う?【赤編】

こんにちは。インテリアコーディネーターのshioriです。

インテリアを選ぶときにお店の人に「何色がお好きですか?」と聞かれて迷ってしまったり、「本当は赤が好きだけどインテリアに使うのはどうなの?」などと考えたことはありませんか。

内装のベース色を揃えたコーディネートをしていれば、基本的にはどんな色を合わせても素敵になります。
参考URL⇒http://shiori-lab.com/i-basic/

なので、お好きな色を入れてOK!です。

でもやっぱり色についてもう少し情報が欲しい…という方のために「色」がもつ生理的・心理的効果と使用するのにおすすめのお部屋をイメージしやすいようにお写真を付けてご紹介していきます。

※生理的効果…頭で認識をしなくても身体に影響を与える効果。目を閉じている状態でも機能する。
※心理的効果…心理がもたらす身体や気持ちへの影響。好き・嫌いも左右する。

今回は「赤」についてご紹介します。

赤はパワーを生む色です。

積極的な行動に駆り立てるアドレナリンを分泌を活性化。交感神経系を刺激して脈拍・呼吸・血圧を上昇させます。体感温度が通常より約3度高く感じられると言われています。スポーツでは闘争心を高めるためにユニフォームに採用されたり、勝負パンツは赤!と言われたりしますね。低血圧で朝起きられない…という方の寝室にもおすすめです。

え、寝室に赤?興奮して眠れないんじゃない?

https://www.houzz.jp/photo/18907884

…眠れなさそうですね。ホワイト×ブラック×レッドでSo Coolなお部屋ですが、リラックスをしたい寝室としては刺激的です。

では、こちらはいかがでしょうか。

https://www.houzz.jp/photo/167140

同じくらい強い赤をベットカバーに使っていますが、全体的にコントラスト強過ぎないのでバランスが良いですね。赤×白の絶妙な色使いが相まって可愛らしいお部屋です。

それでも赤はインテリアに使うには強い色ですので、おすすめの取り入れ方は2つ。

https://www.houzz.jp/photo/27099484

ひとつめは、クッションなどの小さな面積でアクセントとして使用する方法。

https://www.houzz.jp/photo/19343327

そして、2つ目は彩度やトーンを落として使用する方法です。ベット背面のシノワズリ柄(東洋趣味)が映えるバリリゾートのような寝室ですね。

胎児のときの記憶なのでしょうか。ゆったりと包まれたようで心地よさそうなベットですね。

ご参考まで!

  • インテリアのアクセントに何色を使う?【ピンク編】
  • インテリアのアクセントに何色を使う?【黒編】
  • インテリアのアクセントに何色を使う?【白編】
  • インテリアのアクセントに何色を使う?【紫編】
  • インテリアのアクセントに何色を使う?【青編】
  • インテリアのアクセントに何色を使う?【緑編】
おすすめの記事