西海岸・サーフ系インテリア
https://www.pinterest.jp/pin/758645499719202689/

西海岸インテリアはラフな雰囲気でかっこよく、男性にファンが多いインテリアスタイルです。

ロンハーマン・カフェにみられるようなカルフォルニアの風を感じるような雰囲気で、女性にもファンが多いのではないでしょうか。

サーフボードやマリンテイストの小物など、拘りのアイテムを取り入れることであなただけの自慢の一人暮らしのお部屋になりそうですね。

ここでは、そんな憧れが詰まった西海岸・サーフ系のインテリアを実現するコツをご紹介いたします。

西海岸・サーフ系インテリアとは

https://www.pinterest.jp/pin/196188127493128993/

西海岸インテリアは、カルフォルニアやロサンゼルスといたアメリカの西海岸の海辺の住まいで見られるインテリアです。

お部屋のなかにサーフボードをおしゃれに飾ったりするので、サーフ系インテリアとも呼ばれています。

眩しい太陽に青い海、水平線まで続く砂浜…と西海岸の温暖な気候に合った爽やかな配色に、デニムやレザー素材などアメリカンカジュアルな要素を組み合わせることで開放的でラフな雰囲気を感じさせるインテリアスタイルです。

海の家のようなラフさを出すのがコツ

https://www.pinterest.jp/pin/540150549040061444/

西海岸インテリアを演出するには、海辺の家のような「ラフな素材感」を取り入れることがポイントです。

海風を受けてタイルや木材が味わいのあるラスティック感が出るように擦れた感じのペイントウッドや、レンガなどが入っているとアメリカンらしいラフな雰囲気になります。

TVボードの背面など壁一面にアクセントクロスを貼ることでぐっとイメージが近づきます。

賃貸物件にも貼れる、後からはがせるタイプのアクセントクロスだと挑戦しやすいですよ。

▼ラスティックな木目が味わい深いアクセントクロス

▼ホワイトのペイントウッドは爽やかな雰囲気に

▼レンガ調アクセントクロスもおすすめ

西海岸インテリアに近づく配色

ラフな素材感を取り入れるとヴィンテージ感のあるお部屋になりますが、西海岸の雰囲気を出すには海や風のような自然を感じる配色、アメリカンなラフさを演出することが大切です。

お部屋のベース部分はホワイト×ブルー×ナチュラルな木色

https://www.pinterest.jp/pin/425308758545076238/

実際の西海岸にあるお部屋は青い海と空が映えるようにホワイトがメインで構成されています。

日本のお部屋でそれを実現するには少し難しいですよね。

ブルーはソファやラグ、アクセントクロスなど、お部屋のなかで比較的大きな面積になるようなところで取り入れると海辺の家のような雰囲気になります。

フローリングやドアのカラーはきれいな木目よりは節のある自然な木目とナチュラルな木色のものだと、自然体でリラックス感のあるお部屋になりますよ。

ポイントで効かせる赤、ブラック

https://www.pinterest.jp/pin/737675613947175744/

アメリカの星条旗で使われている、赤、青、白の組み合わせを小物を取り入れると西海岸のアメリカンな雰囲気を演出できます。

ブラックは、アイアン()で取り入れるのがおすすめです。

アイアンは、磨き抜かれたようなスチールの鉄ではなく、ごつごつした無骨な質感がラフな空間にマッチします。

ラフな空間にかっこよく合わせたい照明

西海岸インテリアの照明には、ラフでカジュアルなものや海辺のリゾート感を感じられるようなものを合わせるとお部屋の雰囲気がランクアップします。

フィッシャーマンズペンダントライト

https://www.pinterest.jp/pin/733031276821508957/

ヴィンテージ風に仕上げたホーロー製のシェード()と船舶用のダイキャスト製ソケットの組み合わせたフィッシャーマンズペンダントライトはカフェなどでよく見かけますよね。

おしゃれな照明は取り入れると簡単にお部屋のイメージを格上げできますよ。

▼フィッシャーマンズペンダントライト

ただ、ペンダントライト1灯だけだとお部屋が暗くなってしまいます。

ダクトレールを使用して複数照明を取り付けたり、ペンダントライトだけではなく、スタンドライトやテーブルライトを使った多灯使いをすることでお部屋の照度を保つことがポイントです。

https://www.pinterest.jp/pin/117164027793381709/

https://www.pinterest.jp/pin/486388828486801587/

▼他灯使いや位置調整に使えるダクトレール

▼サブ照明としておすすめスポットライト

▼ペンダントライトの長さを調整するコードリール

ヘビースパックパーツライト

https://www.pinterest.jp/pin/611152611914130961/

https://www.pinterest.jp/pin/833799318498253148/

ヘビースペックパーツライトとは、潜水艦や船舶に使われているライトで電球がむきだしになったタイプで、無骨でクールな印象の照明です。

「海らしさ」と「ヴィンテージ感」の両方を取り入れられるアイテムです。

ダクトレールを使って、メインのペンダントライトのサブ的照明としてヘビースペックパーツライトを使うのもおすすめです。

▼ヘビースペックパーツライト

https://www.pinterest.jp/pin/858780222666397378/

海辺のリゾート感を感じられるシーリングファンライトは西海岸インテリアにもおすすめの照明です。

広いお部屋、天井が高いお部屋におすすめのシーリングファンは、ファンが回転することで空気を循環させ、冷暖房効率を上げてくれます。

また、シーリングファンライトは一灯ではなく、複数灯のものが多いのでお部屋の照度を保てるのもポイントです。広々としたリビングにもおすすめです。

ただし、天井が低めのお部屋に取り入れる場合は圧迫感が出てしまうことがあるので白い羽根のものやシンプルなデザインのものを選ぶなど工夫が必要です。

▼羽根の色がリバーシブルなシーリングファン

▼シンプルで洗練されたデザインのシーリングファン

一人暮らしの西海岸インテリアに合わせたい家具の特徴は?

アメリカ西海岸に住むアメリカ人のラフさ、飾らなさといった価値観が西海岸インテリアの家具にも反映されています。

取り入れたいと思える要素を選んで組み合わせてみてくださいね。

ゆったりと寛げるソファ

https://www.pinterest.jp/pin/396035360966202608/

アメリカ人は大柄な方が多いため大型のソファが置かれていることが多いです。

一人暮らしのお部屋ではあまり大きなソファを置くことはできないかもしれませんが、座り心地にこだわったり、ひじ掛けや背もたれがあるタイプを選んだり、海辺を眺めながらソファに座った気持ちを想像しながら選んでみるのがおすすめです。

ジャーナルスタンダードファニチャーの人気ソファ

▼オットマン付きでコンパクトながらゆったりできるソファ

節目のあるラフな木目の家具

https://www.pinterest.jp/pin/861524603690156981/

ワイン箱やリンゴ箱のような、無造作でラスティックな木材を使うとヴィンテージ感が演出できるので、ハードな西海岸インテリアにおすすめです。

実際にワイン木箱やリンゴ木箱をそのままテーブルや収納として使っても雰囲気が出ます。

▼白木のワイン木箱

▼ヴィンテージ加工されたリンゴ箱

https://www.pinterest.jp/pin/855191416714546235/

ブラックアイアンを使ったテーブルやチェアー、ラックなどを取り入れて、ヴィンテージ感を取り入れましょう。

ポイント的にブラックのアイテムを取り入れることで空間が引き締まります。

▼テレビボード

西海岸テレビボード

車輪付きのローテーブル

西海岸車輪付きテーブル

▼飾りとしても使えるチェアー

西海岸チェアー

一人暮らしのお部屋に西海岸らしさを演出する小物やアイテム

西海岸らしいアイテムがない場合、ヴィンテージインテリアとの区別がつかない雰囲気になりがちです。

それはそれなりに素敵ですが、西海岸っぽい海辺の雰囲気を感じさせたいのであればぜひ、拘りのアイテムを取り入れてみてくださいね。

サーフボードやマウンテンバイク

https://www.pinterest.jp/pin/46302702397104549/

実際にサーフィンやマウンテンバイクを趣味にされている方は、お部屋のメインになる場所にインテリアとして魅せてしまうのがおすすめです。

面積や重さや価格といった点でもサーフボードを実際に取り入れるのが難しい場合は、テーブルなどでサーフボードの形をしたものを取り入れるのもおすすめです。

イカリや舵、シェルなど海を連想されるオブジェであればより取り入れやすそうですね。

▼サーフボード型テーブル

▼イカリモチーフの浮き輪オブジェ

▼アンティークな舵輪オブジェ

星条旗柄、デニム素材、キャメル色のレザーのクッション

https://www.pinterest.jp/pin/750623462866353911/

ゆったりとしたソファには2~3個のクッションを置くとおしゃれになります。

アメリカを象徴する星条旗や星柄、デニム素材のクッション、キャメル色のレザー素材を取り入れるとアメリカンカジュアル感が増しますよ。

▼星条旗柄のクッション

▼キャメルレザー

▼星条旗よりポップな印象のクッション

▼デニム生地のクッション

▼2色から選べるデニムクッション

https://www.pinterest.jp/pin/528469337529561836/

ラグはネイティブアメリカンを連想させる、ネイティブ柄のラグがおすすめです。

古着屋さんや雑貨屋さんのような賑やかな雰囲気が好きであれば、ラグ、クッション、アート…と色や柄をたくさんミックスしても楽しいですね。

▼ほどよい配色のネイティブ柄ラグ

▼取り入れやすいモノトーンのネイティブ柄ラグ

窓周りは木製ブラインドや、自然素材がおすすめ

https://www.pinterest.jp/pin/603341681306544133/

比較的面積の大きくお部屋の印象を左右する窓周りには、木製ブラインドで自然の雰囲気を演出したり、カーテンであれば自然本来の色や自然な海を連想させるような色使いのものがおすすめです。

リネンのようなざっくりとした素材感があるとラフなお部屋にマッチします。

▼賃貸でも取り付けられる1cm単位オーダーの木製ブラインド

▼海を連想させる爽やかなブルーのボーダーのカーテン

▼ざっくりとした質感を楽しみたいリネン100%カーテン

ウンベラータやアルテシマのような存在感のある観葉植物

https://www.pinterest.jp/pin/321233385919886632/

お部屋のなかでも自然のリラックス感を感じたい西海岸インテリアには、大ぶりな葉を持ったゆったりと存在感のある観葉植物を取り入れるのがおすすめです。一人暮らしにおすすめのお手入れ不要のフェイクグリーンを合わせてご紹介いたします。

▼ポット付きで嬉しい、ウンベラータ

▼ポット付きで嬉しい、アルテシマ

拘りのアイテムであなたらしい海辺のお部屋を

https://www.pinterest.jp/pin/284430532702849090/

西海岸インテリアは海辺のリラックスムードだけではなく、好きなアイテムをご自身の感性で自由に組み合わせて楽しめるラフさも魅力的なインテリアスタイルです。

私は無骨なヴィンテージ感の強いお部屋より、やさしい木目やホワイトのアイテム、かわいらしいフォルムのアイテムを組み合わせた女性らしさを出した西海岸インテリアが好みです。

ぜひ、あなたらしい一人暮らしのお部屋創りを楽しまれてみてくださいね。

 

一人暮らしを快適に過ごすには家具の配置レイアウトも重要です。

むずかしいと感じる方も多いのではないでしょうか?以下にてコツをご紹介しておりますので参考にされてみてくださいね。

▼一人暮らしのインテリアのコツ

 

また、以下では好みのインテリアは決まったけど、床(フローリング)やドアの色が違うという方へ向けて、プロに依頼せず自分で取り組めるDIYアイテムをご紹介しております。

自分で簡単にできるDIYへリンク

 

「今持っている家具は使えるの?家具の大きさはどのくらいが最適?アートってどこに飾ればいいの?」

そんな疑問も沸いてきますよね。

より快適に過ごすためには、あなたのライフスタイルに合った家具のレイアウトが必要です。

「今の私」から「なりたいの私」に近づくためのインテリアのご相談サービスは近日リリース予定です!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事