インテリアイメージ【エレガンスな部屋にするには】

こんにちは。インテリアコーディネーターのshioriです。

こんなお部屋に住みたい!引っ越しをするとき、家を新築するとき、お部屋の模様替えをするとき、夢が広がりますよね。お部屋の雰囲気創りに一番大切になるインテリアイメージ。しかし、どんなインテリアがお好みですか?と聞かれて困ってしまった。ということはありませんか?

そこで、インテリアイメージを写真をつけてご紹介していきます。

今回は女性に人気のある「エレガンス」についてご紹介していきます。

エレガンスを表現するにはこのようなものを選ぶとイメージに近づきます。

エレガンスのイメージは…フェミニン・ソフト・優しい・さりげない品格
素材を選ぶときには…しなやかなシルク・サテンなどの光沢のあるもの
色を選ぶときには…グレイッシュカラー・ラベンダー
柄を選ぶときには…曲線的な花柄や抽象柄
家具を合わせるときには…カブリオール(猫脚)・白木・上品なゴールド・光沢感のある大理石

クラシックと混同してしまいがちなエレガンス。クラシックが男性的な強い色や直線的な柄に対して、エレンガンスっは女性的な淡いトーンや曲線を合わせます。また、最近人気のフレンチシックやエレガンスモダンなども合わせてご紹介していきますね。

https://www.houzz.jp/photo/48076951

カブリオールにサテンのように光沢感のある張地のソファやクッションが使われています。クラシックでもクッションに太めのボーダーが使われていましたが、素材と色のトーンが違いますね。2階の手すり部分に使われているアイアンも曲線を強調していますね。全体的にラブリーなお部屋です。

https://contents.sangetsu.co.jp/digital_book/hampshiregardens

最近注目されている「シャビーシック」なお部屋です。使い古されたアンティーク家具や床材に上品で洗練された小物やファブリックを合わせたスタイルです。大人の女性でも甘すぎず使え、シャビーさが程よい抜け感をだしてこなれ感を演出しますね。ここでのポイントは使い古された家具、ペイントの剥げかたや、真っ白ではなく少しグレーがかっているものを使うことと、それに合わせて、グレイッシュトーンのファブリックか壁を選ぶことです。

3ベースのところでもお話ししていますがグレイッシュトーンの中に純色が入るとグレイッシュ部分がくすんで見えてしまいます。アクセントとして少量で純色を利かせるテクニックもありますが、基本的にはグレイッシュトーンで合わせましょう。

https://contents.sangetsu.co.jp/digital_book/hampshiregardens

グレイッシュな壁のペイントとグレイッシュなブルーグレーの建具が可愛らしいですね。

https://contents.sangetsu.co.jp/digital_book/hampshiregardens

グレイッシュイエローのファブリックと合わせても素敵ですね。グレー×イエローは相性の良い組み合わせです。

https://www.houzz.jp/photo/11986907

こちらも大人の女性に人気の「エレガンスモダン」です。ダーク色の木目にグレー×パープルを合わせ、また、モダンアレンジされたクリスタルの家具を合わせると素敵ですね。ここでいうモダンアレンジとはランプシェードが先細りではなく円柱になっている点です。先細りのデザインはランプシェードや家具の脚など、クラシカルを象徴します。

https://contents.sangetsu.co.jp/digital_book/hampshiregardens

ブラックの家具を入れても素敵ですね。

是非、お好きなスタイルを見つけてみてください!

  • インテリアイメージ【リゾート風な部屋にするには】
  • インテリアイメージ【海外風な部屋にするには】
  • ヴィンテージ・インダストリアル・ブルックリン・ミッドセンチュリーの違い
  • インテリアイメージ【和風な部屋にするには】
  • インテリアイメージ【北欧風な部屋にするには】
  • インテリアイメージ【エレガンスな部屋にするには】
おすすめの記事