インテリアのアクセントに何色を使う?【紫編】

こんにちは。インテリアコーディネーターのshioriです。

インテリアを選ぶときにお店の人に「何色がお好きですか?」と聞かれて迷ってしまったり、「本当は赤が好きだけどインテリアに使うのはどうなの?」などと考えたことはありませんか。

内装のベース色を揃えたコーディネートをしていれば、基本的にはどんな色を合わせても素敵になります。
参考URL⇒http://shiori-lab.com/i-basic/

なので、お好きな色を入れてOK!です。

でもやっぱり色についてもう少し情報が欲しい…という方のために「色」がもつ生理的・心理的効果と使用するのにおすすめのお部屋をイメージしやすいようにお写真を付けてご紹介していきます。

※生理的効果…頭で認識をしなくても身体に影響を与える効果。目を閉じている状態でも機能する。
※心理的効果…心理がもたらす身体や気持ちへの影響。好き・嫌いも左右する。

今回は「紫」についてご紹介します。

紫は自己治癒力を促す色です。

優雅さ・上品さ・華やかさを象徴する色として、古くから高貴な色とされてきました。鎮静効果の高い精神的な色だと言われています。また、神経系の反射を鋭くし、病気の回復過程を早める色です。神経質な人や落ち込みやすい人、また興奮しすぎる人の寝室などにもおすすめです。

紫というとなんとなく使いづらい…と思ったりしませんか。紫も緑と同じように中間色に分類され、寒色でも暖色でもない色なので実は四季を問わず使える色だったりします。

インテリアの木目に人気のあるウォールナットのような赤みの強い色と相性が良いです。

https://www.houzz.jp/photo/20904

これは発色の良いパープルがアクセントになっています。

https://www.houzz.jp/photo/94705591

これくらい落ち着いたトーンのパープルだと大人っぽいですね。

https://www.houzz.jp/photo/21828280

インテリアに使いやすいラベンダー色。ラベンダーの反対色の萌黄色のアクセントの組み合わせが可愛いですね。

ラベンダーやパープルは女性好みのシックフレンチやエレガンスな空間にしたい場合によく使う色です。女性のイメージが強い色ですが、合わせ方によってはかっこよくなります。

https://www.houzz.jp/photo/61726808

ホワイト×ブラックの空間に合わせて、女性心をくすぐる大人のモテ部屋ですね。

ご参考まで!

  • インテリアのアクセントに何色を使う?【ピンク編】
  • インテリアのアクセントに何色を使う?【黒編】
  • インテリアのアクセントに何色を使う?【白編】
  • インテリアのアクセントに何色を使う?【紫編】
  • インテリアのアクセントに何色を使う?【青編】
  • インテリアのアクセントに何色を使う?【緑編】
おすすめの記事