インテリアイメージ【ナチュラルな部屋にするには】

こんにちは。インテリアコーディネーターのshioriです。

こんなお部屋に住みたい!引っ越しをするとき、家を新築するとき、お部屋の模様替えをするとき、夢が広がりますよね。お部屋の雰囲気創りに一番大切になるインテリアイメージ。しかし、どんなインテリアがお好みですか?と聞かれて困ってしまった。ということはありませんか?

そこで、インテリアイメージを写真をつけてご紹介していきます。

今回はインテリアイメージでどの世代・性別の方にも受けれられる「ナチュラル」についてご紹介していきます。

ナチュラルを表現するにはこのようなものを選ぶとイメージに近づきます。

ナチュラルのイメージは…自然な素材感。あたたかさ。なごみ。
素材を選ぶときには…光沢感のない、マットな質感。綿・麻などの天然素材。
色を選ぶときには…アイボリー・ベージュ・グリーン
柄を選ぶときには…ざっくりとした無地。草木モチーフ。
家具を合わせるときには…籐のかごや麻の質感など。木の色はナチュラル系。

ナチュラルは室内で使用する木目は木本来の木肌の色を使うのが鉄則です。

ナチュラル

https://www.houzz.jp/photo/75287501

まずは王道の「ナチュラル」です。TVボード木目のアクセントが特徴的ですね。籐のテーブルとインテリアグリーンでぐっとナチュラル感が出ていますね。

ナチュラルモダン

https://www.houzz.jp/photo/102153315

ナチュラルモダンは人気のスタイルです。グレーやホワイトなどのモダンな色をナチュラルな木目と合わせます。マットで素材感が控えめな平織のようなファブリックが合います。ガラストップのテーブルやシルバーなどを部分的に入れてもOKです。

http://shiori-lab.com/wp-admin/post.php?post=271&action=edit

北欧

https://www.houzz.jp/photo/94780024

若い世代に人気の北欧スタイルはナチュラルにアレンジを加えたものです。メイプルのような節のある明るい木目とシンプルなテクスチャーでまとめた空間に、アクセントとして自然や動物モチーフ柄やブルー、イエロー、グレーなどライトトーンの小物やファブリックを入れるとぐっと北欧イメージに。ダイニングの照明は北欧の代表的なペンダントライトです。

カジュアル

https://www.houzz.jp/photo/92962167

ナチュラル・北欧・カジュアルはぱっと見は似ているのですが、この微妙な違い分かりますか?

同じような明るい木目を選ぶのですが、合わせる素材が異なってきます。ナチュラルには素材感のある小物や家具を合わせるのですが、カジュアルはプラスチックのようなつるっとした素材感やコットンのような素材感、チェックやハンドワークのようなイラストを合わせます。お子さまのお部屋におすすめです。

ログハウス・古民家風

https://www.houzz.jp/photo/79020648

ナチュラルのカテゴリーの中で外してはいけないのはログハウスや古民家。注文住宅の戸建てなどでないとなかなか実現は難しいかもしれませんね。ログハウス風にしたいからと言って、間違っても合板のフローリングやビニルクロスの木目を全面に使わないでくださいね。プリントで出来たものと天然素材では空気感が違いますので、必ず無垢の木材を使ってください。やすりできっちりと磨かれ、ワックスのかけられた無垢材は足触りも良く、自然を全身で感じること間違いなしです。

https://www.houzz.jp/photo/96920153

こちらは古民家の写真です。木をふんだんに使っているのはログハウスと似ていますが、違いは「古木」です。本物の古民家を改装する場合は、家を支える軸となる部分に立派で丈夫な木が使われているはずですのでそれを活かすのが一番です。年月を感じる深い色合いや整えられていない自然な形が味を醸し出しますね。

どの世代にも受けれられる「ナチュラル」。もしお好みのスタイルが見つからない場合は、ナチュラルにしておくと間違いなしです!

  • インテリアイメージ【リゾート風な部屋にするには】
  • インテリアイメージ【海外風な部屋にするには】
  • ヴィンテージ・インダストリアル・ブルックリン・ミッドセンチュリーの違い
  • インテリアイメージ【和風な部屋にするには】
  • インテリアイメージ【北欧風な部屋にするには】
  • インテリアイメージ【エレガンスな部屋にするには】
おすすめの記事